EndPaper

本に触れる。
その小さなきっかけを届ける
ウェブマガジン。

2020-09-15

バリューブックスと Vaboo の違いについて解説!おすすめの使い分け方も紹介

 

「バリューブックス」と「Vaboo」は、ご自宅まで本の集荷に伺う宅配買取サービスです。

宅配買取サービスという点は同じなので、どちらを利用すればいいのか悩むことがあるかもしれません。

「使いやすいのはどっち?」
「どちらで買取をしたほうがお得になるの?」

などなど、疑問に思うこともあるかもしれません。

2つのサービスにどんな違いがあるのか知っていただけると、より自分に合ったサービスを選びやすいかと思います。

そこで、今回はバリューブックスと Vaboo の違いについて解説した上で、おすすめの使い分け方をご紹介していきますね。

 

 

バリューブックスと Vaboo の違いについて

 

まずは、バリューブックスと Vaboo の違いがわかるよう、一覧表にしてみました。


大きな違いは、送料・会員登録・明細の有無という点です。

査定料・振込手数料・返送料などは、どちらも無料です。

買取ジャンルも同じ。

どちらも、本・CD・DVD・ゲームの買取に対応しています。

 

バリューブックスでは送料がかかるけど査定額が1.5倍に

 


バリューブックスと Vaboo の最大の違いは、送料がかかるかどうか、そして査定額です。

Vaboo は5点以上の買取だと送料無料ですが、バリューブックスではダンボール1箱につき500円かかります。

ただ、査定額は Vaboo の1.5倍!

送料がかかる分、バリューブックスは高い値段で本を買い取る仕組みになっています。

査定額が1,500円以上になりそうなら、送料が有料でも買取価格の高いバリューブックスがおすすめです。

 

Vabooは会員登録が不要!買取までがスピーディー

 


Vabooのサービスは、会員登録が不要です。

そのため、サクッと買取依頼をしたいときに向いています。

査定額の明細や事前査定はありませんが、片付け重視で手早く買取をしてもらいときにぴったりです。

また、5点以上の買取で送料無料になるという点も、バリューブックスとは大きな違いです。

どうしてもバリューブックスと比べると買取価格は下がってしまいますが、送料を気にせず手軽に利用できるのはいいところ。

「面倒な手続きなしで買い取ってもらいたい」
「本の仕分けで悩みたくない」

そんなときにおすすめのサービスです。

 

バリューブックスとVabooの上手な使い分け方

 

 

バリューブックスと Vaboo の違いについて紹介してきましたが、選ぶポイントとなるのは1箱あたりの査定額です。

査定額が1,500円より高くなりそうなときは、バリューブックスのほうがお得。

逆に、低くなりそうなときは送料無料のVabooがおすすめです。

「査定額が多い場合はバリューブックス」
「査定額が少ない場合は送料がかからない Vaboo 」

そんな風に考えてもらうと、自分に合ったサービスが選びやすくなるかと思います。

ただ、Vaboo には事前査定がないため、本棚スキャンやおためし査定で査定額を見てから、どちらに送るかを決めてもいいですね。

2つのサービスの違いを見比べた上で、自分に合うものを選んでいただけたら幸いです!

 

 

バリューブックスを使ってみる

 

 

Vaboo を使ってみる

 

 

また、バリューブックスでは「チャリボン」というサービスを通じて、本による寄付もできます。
チャリボンは、送っていただいた本の買取金額を指定の団体へ寄付するというサービスです。

本を使った寄付に興味があれば、ぜひチャリボンも視野に入れてみてください。

 

 

チャリボンを使ってみる

 

posted by バリューブックス 編集部

BACK NUMBER