EndPaper

本に触れる。
その小さなきっかけを届ける
ウェブマガジン。

2018-06-15

メルカリでの本の売り方やコツ。初心者でも本を出品できるバーコード機能を使ってみました!

メルカリ 本 売り方

 

こんにちは!
古本の買取・販売を行っている、バリューブックスの編集部です。

ふだん私たちは、本を箱に詰めて送るだけの宅配買取を行っています。

バリューブックスは、お手軽に本を手放すにはとっても便利なサービス。

でも、「面倒でもいいから、高く本を売りたい!」という方には、メルカリなどのフリマサービスもおすすめです。

今回はそんな方向けに、ライターのふじたさんにメルカリで本を売るときのコツを教えてもらいました!

 


 

こんにちは。ライターのふじたです。

突然ですが、みなさんは「メルカリ」を使っていますか?

服や家電を売るだけでなく、実は本を売るツールとしても便利な存在なんです。バーコードでかんたん出品ができたり、思っていたより高く売れたり。

ということで、今回はメルカリでの本の売り方について、梱包と発送の仕方や、売るときのコツなどをご紹介します。

 

 

メルカリで本を売ってみたい

 

私の友人に、家財道具の全てをメルカリで売ったという、メルカリヘビーユーザーがいます。その友人は結婚を期に、独身時代に集めた服やバッグ、家電に至るまで、全てメルカリに出品したというから驚きです。

そんな彼女は大の漫画好きでしたが、本も全てメルカリで売ってしまったそう。

 

「本は重いから、引越前にメルカリで売った方がラク」

 

そう話す彼女の言葉に驚きました。

 

友人にメルカリでの本の売り方について聞いてみると、

 

「バーコード機能を使えば本の出品がかんたん」

「本によってはもとの価格より高い値がつく」

 

とのこと!もう寝耳に水です。

そんな便利な方法があるのなら、私もメルカリで本を売ってみたい!

 

 

メルカリでの本の売り方を調べてみました

 

といっても、私はメルカリを利用したことがありません。

時代に取り残された感が否めませんが、ここは前向きにメルカリアプリの使い方から勉強してみたいと思います!

 

手順① メルカリアプリ登録

 

まずは、メルカリアプリをダウンロードすることからスタート。

iPhoneならApp Storeから、AndroidならGoogle Playで、「メルカリ」と検索すれば一番上に出てきます。

メルカリアプリをダウンロードしたら、プロフィールを作成します。

ここで大切なのが、プロフィールを詳しく書くこと。

購入希望者が必ずチェックするプロフィール画面は、安心して取引ができる相手かどうかを見定めるポイントでもあるので、情報を詳しく書くとよいそうです。

 

手順②-1 基本の出品方法

 

プロフィール登録が完了したら、さっそく本を出品してみましょう。

メルカリアプリのトップ画面の右下にある赤いカメラマークが出品ボタンです。

カメラマークをタップすると、以下の項目が表示されます。

「写真を撮る」を選択すると、カメラが起動します。出品画面には、1商品につき最大6枚まで写真が投稿できるようです。

撮影が完了すると、商品説明画面になるので、以下の項目を記載していきましょう。

  • ●本のタイトル
  • ●購入日
  • ●読んだ回数
  • ●保管状況
  • ●本の状態

 

続いて、カテゴリと商品の状態を選択します。

 

手順②-2 メルカリのバーコード機能を使って出品

 

今回私は、メルカリの便利なバーコード機能を使って出品してみました!

こちらの手順も解説していきます。

 

まずは、商品出店画面よりバーコードリーダーを起動します。

 

バーコードリーダーが起動したら、本の背表紙のバーコードを読み取ります。

メルカリ5

バーコードを読み取ると、このように相場価格が表示されます。

今回は、想像以上の価格にびっくり!

友人が煽るように、店舗買取価格よりあきらかに高い値が付いています。

 

メルカリのバーコード機能はとても優れていて、バーコードを読み取るだけで、相場価格と商品説明を自動入力してくれます。

今回は、相場価格より安めの800円で出品してみました。

必要内容を入力したら、出品完了です。

 

ここまでの流れはとても簡単で、デジタル音痴の私でもバーコード機能を使うことで、あっという間に出品することができました。

メルカリでの本の出品が初めての方や、たくさんの本を売りたい方は、ぜひメルカリのバーコード機能を活用してみてはいかがでしょうか。

 

手順③決済

 

買い手がついたら、決済を行います。購入者と気持ちよい取引を行うために、取引画面で購入者へ感謝の言葉や発送日をお伝えしましょう。

その後購入者の支払いが完了すると、メルカリアプリに通知が届きます。

決済が完了した本は「やることリスト」で、発送待ちの状態で表示されるので、速やかに発送の手配を行いましょう。

 

手順④梱包&発送

 

発送方法はいくつかありますが、本の量やサイズにあわせて発送手段を選ぶとよいかもしれません。

 

<メルカリでの本の発送方法>

メルカリでの本の発送方法

 

調べながら実際に出品まで行ってみました。

買い手がつくまでの時間は、出品する本によってそれぞれ異なります。ユーザーにたくさん検索されている本は、出品後数分で売れることもあるそうですが、一方で、半年を過ぎても売れない本もあります。

今回出品した本が、どのくらいで買い手がつくのか楽しみに待ってみたいと思います!

 

 

メルカリで本を売るときのコツ

 

ここまでメルカリでの本の売り方をご紹介しましたが、実際に売れるのか不安です。

メルカリに出品した本を買ってもらうには、どのようなコツがあるのでしょうか。

 

相場をチェック

 

メルカリで本の売値を設定するときは、必ず相場をチェック!

メルカリアプリの検索ページから、自分が売りたい本のタイトルを検索してみましょう。

検索すると、同タイトルの出品一覧を見ることができます。

 

ここで「SOLD」と表示されている本を見てみると、おおよその相場がわかります。

自分が出品するときは、相場より少しだけ安い価格設定にすると売れやすくなるそうです。

1円安くするだけでも売れるそうですよ!

 

写真はキレイに&説明は丁寧に

 

次に売れ行きを左右するのが写真と説明です。

コツとしては、「写真はキレイに、説明は丁寧に」を心がけるとよいそうです。

メルカリは最大6枚まで写真が投稿可能ですが、1枚1枚の写真が何を伝える写真なのかを明確にすることで、購入に繋げやすくなるかもしれません。

汚れや傷を隠さずにアップ写真を見せることも、信頼に繋がるポイントのようです。

またメルカリアプリには補正機能も付いているので、明るさなどの補正を行ってから出品することもオススメです。

 

丁寧な梱包

 

本の梱包

梱包の仕方は、購入者への直接的な評価に繋がるそうです。

メルカリでの販売を継続したい方は、丁寧な梱包を心がけましょう!

本の保護と送料削減には、100均で購入できるクリアポケットやプチプチなどの緩衝材を活用するとよいそうです。

<参考記事>初心者でもできる本の梱包方法。メルカリで売れた本を梱包してみました

 

安い本はまとめ売りで送料削減

 

相場を調べて安い本はまとめ売りがオススメです。

同じようなジャンルを集めて、まとめて出品すると送料も削減できます。

送料を出品者が負担することも売れやすくなるポイントで、文庫本なら、メルカリ便でまとめて2~4冊送れるそうですよ。

 

 

やっぱりメルカリで本を売るのは大変そう、という人へ

 

メルカリでの本の売り方について、調べたこと・実践したことを書いてきました。

改めて、メルカリは本を高く売ることができるのが特徴です。

それでも、実際にためしてみて、下記の点はちょっとしたデメリットだと感じました。

 

■ メルカリのデメリット

・出品するまでが少し面倒くさい
・出品した本を、売れるまで管理しないといけない(ずっと売れない場合もある)
・売れてからも、ひとつひとつ梱包して送る作業がある

 

たしかに便利ではあるけれど、売りたい本の数が増えてくるとけっこう大変だなぁ、とも感じました。

と、私と同じように思った方に紹介したいのが「宅配買取」です。

 

本を箱に詰めるだけの「宅配買取」

 

バリューブックスでは、本の宅配買取を行っています。

 

バリューブックス

 

バリューブックスの特徴は、宅配型の買取サービスであるということ。

ひとつひとつ自分の手で出品するメルカリと比べた場合、ダンボールに本を詰めて集荷を待つだけなので、手間がかからずかんたんです。

出品した本が売れるのを待たなくてよく、梱包作業などの手間もかかりません。

デメリットとしては、メルカリと比べると買取価格は低くなってしまうということ。本を売るのにどれだけ自分の時間を使うかのかが、ポイントとなってきますね。

 

ただ、バリューブックスでは事前に本の価格を調べる仕組みがあるので、バリューブックスで高い値段が付くものはそのまま売ってしまい、残った本はメルカリを使って自分で売る、なんて合わせ技もできそうです。

「本棚スキャン」というサービスを使えば、スマホで本棚を撮るだけで、たくさんの本の査定価格をまとめて知ることができるのでおすすめです。

 

本の背表紙を撮影するだけで、まとめて査定価格がわかる「本棚スキャン」!

 

自分が持っている本は、いくらくらいになるんだろう?

まずは、その疑問をざっくり解決するために、バリューブックスの本棚スキャンを使ってみてもいいかも知れませんね。

 

バリューブックスの買取サービス

 

メルカリと宅配買取のバリューブックスの違いをまとめると、

 

メルカリは、手間と時間をかけた分、高く売ることができる。

バリューブックスは、本がかんたんに売れて、時間がない人でも便利に使える。

 

どちらにもメリット・デメリットがありますが、メルカリで本を売るのは大変だと感じる方は、バリューブックスを検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

フリマ感覚で本を売りたい方はメルカリがオススメ

 

今回は、メルカリでの本の売り方をご紹介しました。

メルカリに本を出品すれば、お店まで本を持っていく手間もなく、店頭より高い値がつくかもしれません。本が売れるコツは、梱包や写真の撮り方も大切なポイントのようです。

なにより、自分のお店を持つような感覚が楽しい!といったこともメルカリの醍醐味かもしれませんね。

メルカリで本を売ったことがない方は、今回ためしたバーコード機能も活用してみてください。

posted by バリューブックス 編集部

BACK NUMBER