EndPaper

本に触れる。
その小さなきっかけを届ける
ウェブマガジン。

2018-06-22

初心者でもできる本の梱包方法。メルカリで売れた本を梱包してみました

本の梱包方法

 

こんにちは。ライターのふじたです。

近頃は、本をフリマアプリに出品される方も多いようですね。みなさんは、売れた本をどのように梱包されていますか?

状態良く相手先に本を送り届けるためには、どのような梱包をしたらよいのでしょうか。

今回は、本の梱包の仕方と必要な資材について調べてみました。

本の宅配買取や引越にも役立ちそうな梱包方法をご紹介します!

 

 

本の梱包方法を知りたい

 

先日とある企画で、初めてメルカリに本を出品しました。

 

嬉しいことに、出品した本に買い手がつきました!

こんなに早く売れると思っていなかったので、正直驚きです。

メルカリにハマってしまいそうな予感…。

 

今回メルカリで売れた本は、こちらの2種類。

単品販売した本と、11冊まとめてセット販売したコミックです。

本の梱包

本の梱包方法を調べてみると、厚さやサイズによって包み方が異なることがわかりました。

我が家はバリューブックスから本を購入することが多いのですが、いつも丁寧に本が梱包されています。

今回は、本を送る側!

状態良くお客様の手元に届けるためには、どのように梱包するとよいのでしょうか?

 

 

本の梱包に必要なもの

 

本の梱包に必要な資材を調べてみたので、ひとつずつご紹介します。

本の梱包

 

①ビニール袋

 

ビニール袋は、発送中や投函後の水濡れを防ぐために使います。

OPP袋という名前で、100均やホームセンター、オフィス用品を取り扱う店舗で購入可能です。OPP袋で包むと見た目も美しく、購入者へ良い印象を持ってもらえるかもしれません。

今回は、メルカリの宅配ビニールセットを使用しますが、家にあるビニール袋や保存袋でも代用できます。

 

②プチプチ

 

緩衝材としてお馴染みの「プチプチ※」。本を包むことで、発送中の破損を防ぐ効果があります。

本の梱包に最適なプチプチやポリエチレンシートは、いずれも100均で購入可能です。

※「プチプチ」は川上産業株式会社の登録商標(登録第2622392号)であり、正式名称は「気泡緩衝材」と呼ばれます。

 

③テープ

 

梱包に欠かせないテープは、2種類用意しておくと便利です。

ひとつは、OPP袋で包む時用の透明なテープ。ふたつめは、封筒の口を止めるためのクラフトテープ。

今回私は、梱包資材によってテープを使い分けてみようと思います。

 

④クラフト封筒(紙袋でも代用可能)

 

厚さ3cm以内の本であれば、封筒で送ることができます。クラフト封筒が一般的ですが、中が見えない紙袋で代用する方もいるようです。

また、梱包の手間を省きたい方には、「クッション封筒」がオススメ。こちらは、封筒の内側に緩衝材が付いているので、本を入れてそのまま発送できます。

メール便にも対応しているので、送りたい本が少ない方はぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

クッション封筒:https://maruai.co.jp/stationery/cushion-fuutou/

 

⑤ダンボール

 

大量の本を一度に送りたい時は、ダンボールがオススメ。

ダンボールは、メルカリでのセット販売以外に、本の宅配買取や引越の際にも大活躍します。家に緩衝材が無いときは、ダンボールを補強資材として代用することもできます。

 

 

その他、本の梱包にあると便利なもの

 

⑥ラップ

 

家にあるラップは、OPP袋の代用品として使えます。コミック本や文庫本など、サイズがまとまった本を一気に包みたいときに便利です。

 

⑦油性ペン

 

油性ペンは、クリアテープに目印を書くために使います。

詳しくは、後ほどご紹介します。

 

 

本の梱包をやってみた

 

今回メルカリで売れたのは、単品販売の本とコミックのセットです。

この本を例に、2種類の梱包方法を実践してみたいと思います。

 

1.厚さ3cm以内の本を送る時

 

まずは、単品販売した本から梱包していきましょう。

この本は厚さが3cm以内なので、OPP袋やクラフト封筒を活用してみたいと思います。

本の梱包

梱包資材として購入したのは、2019年よりコンビニでの取扱いが始まった「メルカリ資材」。メルカリ専用の宅配ビニール袋をOPP袋の代わりに使います。

まずは、本をビニール袋に入れたら、サイズに合わせて袋を折り込み、テープで止めます。

そして、ここからがポイント!

本の梱包

テープの端は、写真のように折り目をつけておくと剥がしやすくなるそうです。

さらに油性ペンで目印を書けば、剥がす場所が一目瞭然!

私なら、こんなに丁寧な梱包で本が届いたら、その出品者からまた買いたくなります!

続いて、本を緩衝材で包み適度な大きさにカットしていきましょう。

本の梱包

ここでのポイントは、できるだけ薄く包むこと!

本の梱包

このように緩衝材の端を丸めることで、厚みを抑えることができます。

発送方法にもよりますが、できるだけ薄く包むことで送料を抑えることができるそうです。

今回は「ゆうゆうメルカリ便」で送るので、規定サイズの3cm以内に収めました。

さいごに、中身の見えないクラフト封筒に包み、本のサイズに合わせてテープで留めたら完成です。

本の梱包

 

2.大量の本をまとめて送る時

 

続いて、セット販売したコミックを梱包してみましょう。

こちらは、単品とは違い1冊ずつをOPP袋に詰めるのは大変です。

ダンボールやラップが梱包に適していそうです。

本の梱包

まずは、本の量にあったサイズのダンボールを用意します。

写真は、組み立てが簡単な小物用のN式ダンボールを使用していますが、観音開きタイプのダンボールは底をしっかりガムテープで補強してくださいね。

今回は、サイズの同じコミックセットなので、ラップでまとめて包んでみました。

本の梱包

ラップで包んだ本は、ダンボールに平置きして詰めていきます。本を平置きで詰めることによって、上に重い荷物が積まれても、潰れや歪みを防ぐ効果があるそうです。

緩衝材は、本の全体を包むように入れます。この際、本の角を守るように緩衝材を巻き込みながら箱に収めます。

本の梱包
本の梱包

ダンボールに隙間がある場合は、くしゃくしゃにした紙を入れて本を固定しておきましょう。箱にきれいに収まったら、ガムテープでしっかり閉じて完成!

 

 

本の梱包は防水と保護

 

今回は、本の梱包方法についてご紹介しました。

大切な本を状態良く送り届けるには、本の梱包を丁寧に行うことが大切です。

 

また、今回ご紹介した資材や梱包方法は、本買取サービスを利用するときにも応用できます。

本買取サービスに送る場合はここまで丁寧に梱包する必要はないと思いますが、本の状態は買取価格に影響があるのは間違いありません。

<参考記事>古本屋バリューブックスの買取査定基準がわかりました。

 

本のリユースの効率が上がり、より気持ちのいいものになればうれしいです。

posted by ふじた えり

長野県出身。ライター、フリーランスのイラストレーターとして活動中。著書に、けしごむやえんぴつだけをテーマにしたリトルマガジンがある。家族揃ってバリューブックスの常連。

BACK NUMBER