EndPaper

本に触れる。
その小さなきっかけを届ける
ウェブマガジン。

2020-08-01

本を高く売りたい人は必見!古本売買のプロが、最適な本の売り方をお伝えします

 

私たちバリューブックスは、毎日約1万冊もの本を販売している本屋です。日々たくさんの本を扱う私たちが、古本売買のプロの目線から、本を売る時にはどうすればいいのか、様々な選択肢やポイントをお伝えしますね。

 

選択肢は「自分で売る」か「古本買取に出す」の2つ

 

 

本の売り方としては、「自分で売る」か「古本買取に出す」、大きくこの2つがあります。

 

自分で売る

メルカリなどを使って自分で本を売る最大のメリットは、高値で売れる可能性が高いこと。お店を仲介せず本を売ることができるので、高い値段で売れやすいんです。

ただ、高値になりやすいけれど、下記のようなデメリットもあります。

・実際に売れるかは分からないので、本を管理しつづける必要がある。
・本が売れたら自分で梱包・発送などの作業をしないといけない。
・ヨゴレや傷など、商品の状態をきちんと説明しないとトラブルに繋がる
・手数料がかかるので注意!


自分で売るとは、つまり自分自身がお店のように他の人に本を売るということ。高く売りやすい分、様々な作業は発生してしまいます。


ベストセラー『嫌われる勇気』を「メルカリ」で売った際の価格例

 

 

古本買取に出す

古本の買取を行っている会社に、売りたい本を引き渡すという方法もあります。

自分で売る時に比べて、買取価格は安くなる場合が多いです。その分、本をお店に渡すだけで買取が完了するという手軽さがポイントです。

古本買取というと、直接お店まで本を持っていくイメージがある人も多いかも知れませんが、私たちバリューブックスのように「宅配買取」を行っている会社も多くあります。ご自宅まで引き取りにいくので、本を箱に詰めるだけのかんたんな作業となります。

デメリットとしては、

・自分で売る場合と比べて低い価格になりやすい
・事前に買取価格を調べられない会社も多い


などがあげられます。

まとめて本を渡すだけなのでお手軽なのですが、買取価格は低くなりがちですね。


ベストセラー『嫌われる勇気』を「バリューブックス」で売った際の価格例

 

 

 

「自分で売る」ときの方法

 

こちらに「自分で売る」際の代表的な例を挙げてみました。
ちなみに、自分で売る際は手数料や梱包材、発送費などのお金もかかるので、「売れる価格 = 手に入るお金」ではないことに気をつけてください。

 

メルカリ
フリマアプリの代表格が「メルカリ」です。出品までがとてもスムーズで、ほかの出品者の価格をふまえて参考価格を提示してくれるのも分かりやすい。
本が売れた後のやりとりも、全てアプリ上で完結できるため、非常に使い勝手がいいサービスでおすすめです。似たサービスでは、楽天が運営する「ラクマ」が挙げられます。

ヤフオク
ヤフオクは、日本最大のネットオークションサービスです。値段を自分で決めずともオークション形式で上がっていくため、販売価格に悩まなくていいというメリットがあります。
反面、最終的にいくらで売れるかが分かりにくいため、オークション形式をメリットと捉えるかデメリットと捉えるかは、人によって変わりそうです。

Amazon
実は、Amazonでは本を買うだけでなく、「売る」こともできるんです。メルカリやヤフオクと大きく違うのは、売りたい本の商品ページをAmazonから探して、そこに出品するということ。つまり、多くの場合は自分以外にも出品している会社や個人と競合することになります。
Amazonを利用して本を買う人は多く、たしかに売れやすい環境ではあるのですが、常に値段をチェックして改定していかないと、気がつけば自分の商品が一番高くてずっと売れなかった……ということもあり得ます。

 

 

 

「古本買取に出す」ときの方法

 

次に、古本買取サービスについて紹介します。

 

・Vaboo
「Vaboo」は、バリューブックスが運営する、ご自宅まで本の集荷に伺う宅配買取サービスです。Vabooの特徴は、会員登録をしなくても利用でき、5点以上送っていただくと送料が無料になるため手軽に利用できる点です。片付け重視で手早く本を手放したいときにぴったりのサービスです。

・バリューブックス
「バリューブックス」は Vaboo 同様、バリューブックスが運営する宅配買取サービスです。 Vaboo に比べると送料がかかり、会員登録が必要になりますが、 Vaboo の1.5倍の価格で本を買い取るため、お得に本を売りたい方におすすめです。

・その他のサービス
その他にも、「ブックオフ」を代表格としたさまざまな古本買取サービスがあります。
サービスによって特徴が異なるため、気になる方は「古本買取」などのワードで検索して、自分にあったサービスをみつけてみてくださいね。

 

ポイントは「自分の時間をどれくらい大切にするか」

 

先にも述べたとおり、一番高く本が売れる可能性が高いのは、ご自身で売ることです。

ただし、売れるまでの本の管理や、梱包や発送などに時間を取られてしまいます。また、継続して本を売っていくためには、落札者からの評価も重要になるため、丁寧な対応が求められます。

古本買取の利点は、自分の時間をつくれること。
サッと買取を済ませたあとは、ほかの家事に手をつけたり、ゆっくりお茶を飲んだり。

「時間に余裕がある」、「なにより高く売りたい!」といった方には、メルカリなどのサービスを利用するのがおすすめです。
「仕事で忙しい」、「空いた時間で手軽に本を売りたい」という方は、古本買取サービスがおすすめです。

自分の時間をどこまで大切にするか、がポイントですね。

 

ちょっとした手間で高く売れる「バリューブックス」

 


古本買取は送料無料のサービスがほとんどですが、バリューブックスでは1箱あたり500円と有料です。

ただし、その分高い値段で本を買い取りますので、お客様にはかんたんな仕分けをしていただく手間がかかりますが、お得にご利用いただけます。

面倒だけど高く売れるフリマ、お手軽だけど安くなってしまう古本買取、バリューブックスはその真ん中あたりに位置するサービスです。

「高く売れたら嬉しいけれど、本を出品したり発送したりする手間が面倒だなぁ」と思われた方には、バリューブックスもぜひご検討ください。

本棚スキャン」というサービスを使えば、スマホでパシャと本棚の写真を撮るだけで、査定額の目安が一瞬で分かります。

「本棚スキャン」を利用してみる(スマホのみ対応)

 

バリューブックスで本を売ってみる

こちら のページから、簡単に買取に出すことが可能です。
買取の流れも紹介しているので、ぜひ覗いてみてください!

 

メルカリで本を売るときのノウハウはこちらから

「メルカリで本を高く売る方法」ついて、コツやノウハウを記事内で紹介しています。
気になる人は、こちら から。

 

 

 

posted by バリューブックス 編集部

BACK NUMBER