社外取締役内沼 晋太郎

= 世界を動かす力

東京・下北沢でB&Bという本屋を経営しながら、本にまつわる様々な仕事をしています。バリューブックスでは社外取締役として、既存の課題を解決したり、新しいプロジェクトを立ち上げたりするため、アイデアを出すのが主な役割です。 バリューブックスは主に古本を扱う会社ですが、その仕組みを広く社会のために役立てようとしています。上田というローカルを愛しながら、本のある豊かな世界を持続的に発展させていくために、古本にとどまらない、様々な取り組みを行っていきます。僕が触媒となり、そのインパクトを最大化することができたらという思いで、みんなと日々コミュニケーションを取っています。 僕自身、人と本との出会いを生み出す仕事は、すなわち世界を変える仕事だと考えています。本の中に閉じ込められた、人間が長い歴史の中でこれまで考えてきたことが、誰かによって開かれ、ときは人生をも変えてしまう。そうした日々起こる変化が、ひいては世界をダイナミックに動かす力となる。そう信じながら、本と関わっています。

numabooks代表。バリューブックス社外取締役。1980年・東京都生まれ。10年以上にわたって本にまつわる数々のプロジェクトを行ってきたブックコーディネーター。2012年、下北沢の新刊書店「B&B」を共同設立。そのほか、これからの執筆・編集・出版を考えるウェブマガジン『DotPlace』編集長を務める。著書に『本の逆襲』〈朝日出版社〉、『本の未来をつくる仕事/仕事の未来をつくる本』〈朝日新聞出版〉がある。