取締役清水 健介

= 得られる喜び

僕はお金の管理と、物流現場を管理する役割を担っています。自分のところには、いろんな問題が上がってきます。特に現場は人数が多いので、総合的なことを見極めて判断するようにしています。自分がわりと、今はできるなと思っているのは、人の話を聞くこと。頭ごなしに「これはだめ!」じゃなくて、まず聞いてあげる。しかもひとりだけじゃなくて、できるだけある程度の数の人たちに聞くようにしています。そうして現場で働いている人たちの働き方が変わって、ビジョンが近づいている感じが、うれしいですね。そして相談されることも、単純にうれしい。 この仕事をするまで、本は漫画以外読んでいませんでした。何かを得るために本を読む、という選択肢がなかったんですね。ただ今は違います。本を読んで分かる喜び、得られることがあるということに気づいた。判断をする時「本を読んでいないと、この考えは浮かばなかった」ということがあるから。何かの問題にぶつかると、Amazonで検索をする日々です(笑)。